スキンケアの選び方は?肌のタイプや目的に合わせて選ぶことがおすすめ!ポイントを紹介

スキンケア
スポンサーリンク

 

スキンケアでも色々ありすぎて悩むことも多々…

私はもともと値段を重視して選んでいましたが年々増える肌悩みによって目的も変わってきたため値段だけで選ぶことはなくなりました。

若い頃は「保湿さえあれば」という感じでなんとなくパッケージがかわいいものを選んだりしていましたが、今は「どういうものなのか?」を考えて選んでいます★

スキンケア選びのポイントについて紹介します!

 

スポンサーリンク

スキンケアの選び方

 

スキンケアを選ぶ時に、私の場合はもともとお値段を重視して選んでました。

使い続けやすいかどうかという点でお財布へのやさしさも重要。

お値段だけではなく肌質や目的別、成分で選ぶこともおすすめです!

スキンケア選びのポイントについて紹介します★

 

肌タイプに合わせて選ぶスキンケア

自分の肌タイプに合わせて選ぶことで肌に合わない可能性を下げることができます。

例えば敏感肌の方は刺激があるものは合わないでしょうし、さっぱりが好きな人はしっとりしすぎると重たいと感じることもあると思うんです。

人が肌に合うといっていても自分の肌に合わない場合もあります。

 

敏感肌の人は低刺激なものを選ぶ

 

敏感肌の人は低刺激なものを選ぶことがおすすめです。

例えばアルコールでアレルギーが出てしまう人はアルコール不使用のものを選ぶことで合わない確率を減らすことができますし、肌へのやさしさを重視しているスキンケアのほうが合う可能性はあると思います

 

✔トライアルセットで試せるか
✔返金保証はついているか

なども確認するといいと思います。

心配な方はまずはパッチテストで使用してから使うと顔に使って合わないリスクを減らすことができるのでおすすめです。

 

乾燥肌の人は保湿力があるものを選ぶ

 

乾燥が気になる人でも「重ためでしっとり仕上げたい人」や「軽い使用感でしっとり仕上げたい人」がいると思います。

例えばこってり重ためのクリームで保湿をしないと不安になってしまう人も。

逆に軽い使用感ではないと「重たい」「使いにくい」と感じてしまう人もいますよね。

 

クリーム1つでも軽めのクリームも重めのクリームもあります。

使い心地に関してチェックしたい場合は使った人の感想を見ることや口コミでも悪い口コミを参考にすることがおすすめです。

とくに「悪い口コミ」もしっかり見ることがおすすめ。

 

目的別で選ぶスキンケア

それぞれ肌悩みは異なり、人によってスキンケアに求めるものは違います。

シミが気になる場合もあればニキビが気になる場合も

年齢肌の悩みがある人もいると思います。

 

ニキビの悩みにはニキビケア

 

ニキビの悩みがある場合はニキビケア用のスキンケアを選ぶことがおすすめ。

ニキビに特化したスキンケアは刺激を感じにくいものも多く、やさしさを感じる使用感のものも多いです。

さっぱりめのスキンケアも多いため乾燥が気になる場合はしっとり感のあるものを選ぶと◎

 

シミやニキビ跡には美白ケア

 

シミやニキビ跡が気になる場合には美白ケア用のスキンケアを選ぶのがおすすめです。

m-トラネキサム酸やハイドロキノン、ビタミンC誘導体などが配合されていることが多いです。

夏にも使いやすいものが多いですが、しっとりと仕上げてくれるものもあるため保湿力は自分の好みや季節に合わせて選ぶことがおすすめ。

人によっては成分が合わず使えないという場合もあると思うので1度美白ケア用スキンケアで肌荒れを起こしたことがある人は成分を見て購入するといいと思います。

 

私の場合も肌が不安定な時期に使えないスキンケアがありますので調子がいい時期に使用しはじめるようにしています。

 

年齢肌の悩みにエイジングケア用スキンケア

 

年齢肌の悩みは年齢とともに増えていきますよね。

よくあるのが「ハリを感じない」「弾力の低下」「目元の乾燥」「スキンケアしているのに乾燥してくる」「メイクノリの悪さ」など。

また、年齢肌の悩みは複合化しやすく、いくつもの悩みが一気にくることも。

エイジングケア用のスキンケアであっても美白ケアと一緒になっているものも多く販売されています。

 

エイジングケア用はさっぱりめは少ない印象です。

ポイントケアやスペシャルケア

ポイントケアやスペシャルケアをするアイテムについて紹介します!

例えば目元の乾燥にアイクリームを使用している人もいますよね。

全体的な悩みだけではなく部分的な悩みや週に数回のスペシャルケアをしている人も多いと思います。

 

目元の悩みにはアイクリーム

 

アイクリームは目元など気になる部分に使うクリームや美容液があります。

目の下やまぶた、目尻など部分的に使用します★

スキンケアしても目元だけ乾燥を感じてしまう人も多いと思います。

乾燥だけではなく目元の悩みにポイントで使うことができるので目元の悩みがある人にもおすすめ。

目元だけではなくほうれい線にも私は使っています。

 

パックやフェイスマスク

 

洗い流すタイプのパックやお風呂上りにつけるフェイスマスクも。

肌の乾燥が気になるときや数日に1度のスペシャルケアとして使っている人も多いです。

 

悩み別のポイントケアもある

 

ニキビができた場所に塗る美容液やシミなど気になる部分にのみ使う美容液など。

悩みにピンポイントに使うアイテムは多数あります!

お値段がお高めのものもありますが、部分使いのものは少量での使用となるためコスパ面は結構いいものが多いのも魅力です!

 

導入美容液

 

いつものスキンケアをしているのに浸透を感じられない方やしっかりスキンケアをしているのに乾燥してしまう方など。

潤い不足を感じてしまう人や浸透を感じられない人は導入美容液がおすすめです

洗顔後すぐに使う美容液!

毎日のケアにプラスで取り入れることができるのでスキンケアを揃えなおす必要がないのも魅力。

まとめ

 

スキンケア選びについて紹介しました★

自分の肌のタイプや目的に合わせてスキンケアを選ぶことがおすすめです。

口コミを参考にする場合はいい口コミだけではなく悪い口コミも見てみると買い物に失敗しなくて済むこともあります。

全部揃えてから「肌に合わない」となったら量もたっぷりだしお金もかかるのにショックが大きいため、お試しがある場合はお試しでまず使用してみてから購入を検討することがおすすめです。

 

参考にしてみてください!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました