大人ニキビの悩みには洗顔やクレンジング選びが重要!ニキビで悩んだ私の経験談

スキンケア
スポンサーリンク

 

大人ニキビの悩みが私は数年間ありました。

どうしてこんなになってしまうんだろうと悲しかった時期も。

メイクをする際も全然楽しくなかったのですが今現在ほとんどできることはないです。

私が感じる大人ニキビに重要なポイントについて紹介します!

 

スポンサーリンク

大人ニキビの悩み

 

私は大人になってもニキビに悩まされていました。

産後、ニキビに悩まされどうしてもニキビができてしまい、数年間悩みました。

ニキビケアで悩んでいた私は実際に変えてよかったことや、見直したいことを紹介していきます。

 

洗顔やクレンジングの見直しをする

私は洗顔の回数を増やしたり、メイク落ちが悪いのかとクレンジングを念入りにすることにばかり注目していました。

実際はその使っている洗顔やクレンジングを見直すことが重要なんです。

 

クレンジングや洗顔は「ニキビケア」「毛穴ケア」「敏感肌用」などに変更することがおすすめ。

 

洗顔選びのポイント

洗顔選びのポイントは「泡立ち」

キメ細かな弾力のある泡で洗顔することで肌に手が触れず、摩擦による肌負担を減らすことができます。

私の場合は洗顔の回数を増やしましたが、ごしごしと洗う洗顔の回数を増やすことでさらにニキビは増える一方。

私の場合は乾燥によるニキビだったため乾燥がよくなかった点もあると思います。

 

泡立ちがよくしっかり泡で洗顔できるのが魅力です。

洗顔を長くやると乾燥してしまうことがあるので、長く洗顔をしすぎず洗い残しながいように洗い流すこと。

そしてさっぱりするけれどしっとりを残してくれるようなつっぱりや乾燥を感じない洗いあがりがベストだと思います。

 

クレンジング選びのポイント

クレンジングは当たり前ですがメイクをしっかり落とせるものがおすすめです。

肌の負担を考えるとオイルクレンジングなどは避けてしまいがちですが私の場合はオイルクレンジングやクレンジングバームを使うことが多いです。

クレンジングクリームを選ぶ際もメイク落ちがいいものを選ぶことがおすすめ。

 

ちなみにニキビができたいた頃は市販の1000円以下の洗顔料を使用

ニキビケアのものでなければ、普通のパッケージの普通の洗顔料でした。

洗顔の際にメイク残りがあることがあったなと今思います。

ゴシゴシし過ぎや洗いすぎが心配であればW洗顔不要なものを選ぶといいと思います。

 

化粧水など基礎化粧品の選び方

 

化粧水などもニキビケアラインで揃えることがおすすめです。

というのも、例えば化粧水だけ変えてクリームを変えていなかった場合、そのクリームが合わなかったという場合もあるため。

ライン使いだとトライアルセットで試すことができるものも多いので、試してみてから購入を検討するのがおすすめです。

 

私の間違い「与えることにばかり注目した」

 

乾燥によるニキビだったため「とにかく塗る」を徹底しました。

その結果、ニキビが減ることはなかったんです。

ニキビで悩んでいる場合はこってりしすぎるものを使うと逆によくない場合も。

 

ニキビケア用などはニキビケアのためにできているのでニキビケア用

もしくは毛穴ケア用のスキンケアをおすすめします。

 

さっぱりが必要かしっとりが必要か

 

ニキビケア用のスキンケアを数多く使用してきましたが「さっぱり」なものと「しっとり」なものがあり、だいたいはさっぱりめな使い心地のものが多いです。

さっぱりとしっとりがあってしっとりを選んでも比較的さっぱりめな使用感となっています。

中にはさっぱりしすぎと感じるものもあるのでお試しなどがある場合は、お試しで利用してから購入を検討することがおすすめ。

乾燥も気になっているのにさっぱりしすぎるものを使って、私自身ニキビが増えてしまったことがあるので口コミなども参考にすることをおすすめします。

 

今現在はニキビの悩みはない

今現在は時期によっては肌荒れ時期がりますが、ほとんど安定しています。

あの頃はコンシーラーでも隠すことができないほどでしたが今はコンシーラーで隠せるレベルです。(ニキビ跡は残っています)

ちゃんとしたケア方法を知らなかったため、私は逆なことばかりしていました。

「汚れが落ちていないのではないか」とごしごし洗い

「保湿が足りないのではないか」と与えることばかりに注目

洗顔やクレンジングの見直しやスキンケアの見直しをしたのはそのあとです。

 

現在のスキンケアについて

 

現在のスキンケアは決まったものを使用していません。

時期によってスキンケアを変えており、例えば年齢肌など気になるので普段は年齢肌にアプローチしてくれるものなどを。

肌が敏感な時期には敏感肌用やニキビケア用、毛穴ケア用など比較的肌に優しく負担が少ないものを選んで使用しています。

 

年齢とともに肌悩みは増えているので、その時その時で選んで使っている感じです。

 

まとめ

 

ニキビの悩みについて紹介しました。

私の場合はニキビができる場所は顎ばかりでしたが、肌荒れしているだけで気分は下がりますしメイクも楽しくなかったことを覚えています。

私が今、あの頃の自分に伝えるならまずは洗顔とクレンジングの見直しとやり方を変えることです。

洗顔やクレンジングは安くてとりあえず汚れが落ちればいいと思っていたので、そんなことすら頭になかったですがニキビの悩みには1番重要なことだと思っています。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました